Thorny Green
主に、Eriocaulaceae(ホシクサ科)や植物に関するHPです。 また、そのほかにも日常の様々なことや自然の中で見つけたものを少しずつ紹介していきます。 気軽に、コメントよろしくお願いします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
がんばってます。


変な草です。
Nervilia discolorと思われる種です。
この属名も聞きなれないもので、ピンと来る人はほとんど
いないでしょう。
私自身、興味を持ったのはそんなに昔ではないですし、
何より、普通に趣味でやっていてもなかなかお目にかかることは
ないでしょう。
ちょっとしたコネで、私が植物好きということでいただいたものです。
当の本人も、よく覚えてないと言っていたし、確かぐらいだったので、
それほど気にもしていなかったのですが
よく観察してみると面白い植物ではないですか。
完全なひとつ葉で気根のようなへんな根が生えてます。
性質自体は強健。湿度さえ気を使えば問題なく育成できます。
IMG_3367.jpg


アップ。
変なとげが生えるのもこの種の特徴。この属じゃなくてね。
ふきみたいな葉は共通点のようですね。
スポンサーサイト
少々、、、
沈みがち(更新に関しては)になるかと思います。

まぁ、ネタ無しです。汗
極限金無しです。泣

給料日なのに、もうない・・・・。

おまけに、精神的に参ってます。
この辺は、友人とのメールでだいぶ回復しましたが。
少し余裕をください。

草も弄りたいし。
新たな自生地2


えっと、今年一応三箇所めですね。

特に、特筆するようなことはなさそうな感じですが、
ところがどっこいです。(どんな表現やねん)
まずは、場所は大分県です。
先日の場所からは40kmほど離れているでしょうか。
地形的には、標高はかなり高めですね。
今まで一番高いんじゃないかな?
で、棚田です。
棚田の中でも、下から10数枚目ぐらいの二枚ぐらいしかないです。
確かに、その辺が一番日照条件はよさそうでした。
で、一番特筆すべきは、その水温です。
20度前後、もしかしたらきってるかもですね。
無論、山からの湧水依存の田んぼでしょうが、
その流量がハンパじゃなかったです。
もはや、垂れ流し・・・・。
また、通過する際に、閉めていても若干田んぼに入るように
なっているので、田んぼ内ももちろん低いです。

IMG_3347.jpg

水中のものです。
やや成長遅めの気もしますが、先日のものに比べ
花芽の上がりは早かったですね。
水温低いとこの、安定した環境のものなんで、
少々期待です
アザミなん?


わかんねぇ。

めちゃめちゃ迷いましたよ。
舗装されてないがたがた道を通るのは慣れてますが、
ここは、戻れるかあせりましたね。
Uターンできない状態に陥り、約15分ほど
ひたすらバックで戻りました。
しかも、車幅ぎりぎりの谷地だったんで怖さ倍増です。
実は、1回脱輪したことあるのですが、
そのときは、パワーとハンドルで何とか切り抜けました。

それもこれも、がけ崩れで通行止めなのに迂回路の文字が。
余裕でそっちにいったら行き止まり。
なめんとんのかぁ。わぁれぇぃ。

田舎に行くとこんなこともありますです。
新たな自生地。


見つけました~。

えっと、大分県です。
山間の谷間の集落の水田に自生しておりました。
この地域では、結構栄えており、
市街地内の水田でしたね。
気になるのは、水田内に結構な生活排水が
流れていること。
原因は排水設備の完備ができていないことでしょうな。
雨水・排水を分けていないようだし、
排水溝に油まみれの排水が垂れ流しですし、
富栄養化進んでないのかな?
大量の浮き草やあおこみたいなのは見れなかったし
何より、フラスコモが生えてたから
きっと貧栄養なんだろうな。

IMG_3333.jpg

水上葉ですが、葉数が多く
いい感じです。
花芽がまだ微妙なため(って花あっても顕微鏡が・・・。)
きちんとはわかりませんが、おそらくはcinereumかな。
サイズは結構小型で直径5~7センチほど。

IMG_3335.jpg

水田的には、水中株のほうが断然多かったです。
基本的に、この水田のみ。
隣の一枚の流れ込みのみ微妙にありましたが
それ以外には、見られなかったです。

う~ん、でもいい感じ。
やっぱ、植生的には共通点がある感じですね。
ホシクサの水田は、ホシクサが優先順位高めですね。
密度が違いますね。
あ、でもこの水田はフラスコモが沸いてて
三枚目の画像にチラ写りしてますが
ホシクサに絡まってますね。

とりあえず今日は以上!!
引き続き池。


やっぱポタモゲっぽいですね。
ミズヒキモかな?

先日の有茎はBBSのほうに大き目の
画像載せましたので、興味がある方はどうぞです。
IMG_3323.jpg

う~ん、完全に沈水状態ですね。
葉も長く伸び、色もいい感じになっていますね。
マツバイです。
ヘアーグラスですね。
こういった植物はもっと知ってほしいですね。
かなり身近にありますし、数とっても
おそらく絶滅とか採集圧はないでしょう。
それぐらいありますからね。
どこに行っても。
IMG_3324.jpg

シャジクモかフラスコモ。
結構良い。
たぶんアクアリウム界では、
敬遠がちでしょうが、採集行くとこれ見つけると
ちょっとほっとしますね。
でも、めだかなんかにはかなり使えると思うんだけどな~。
モスより増殖速いし。
でも、他の水草はいっていると絡まって
とんでもないことになります。

はぁ~、早く雨止まないかな。
同じ池で。



昨日と同じ池です。
ポタモゲとミソハギ?のコラボですかね。
何ミソハギかはわかんないので、少々拝借してまいりました。
ポタモゲのほうは、ミズヒキモか何かですかね?
いやぁ、豊かやね~。

もうちょい引っ張らせてください。
実は、他にもホシクサの自生地新たに発見しておるのです。
もうちょい、じらせて温存ですよ。

台風来てるんすよ。
建設業の台風は嫌です。
もはやぶったおれそうな足場に乗って、シート引っ張ったり。
今回のは弱かったのでよかったですが。

あ~、宮崎ダイジョブかな。
今の時期雨降ってほしくないのだけどね。
人工的に水位調整する水田なんかは良いけど。
ホントの池や、ため池は不安ですね。
いい方向に転べばよいですが。
こりゃ、腰まで水に入る覚悟せねばかな?
ルドヴィジア



ミズユキノシタかのぉ。

探検隊入隊及び、水草小学校入校のために
こういった植物も深く深く、アンダーグラウンドに行かねばなるまい。

地図上では、水田があって谷地になるような
水のたまりやすそうな地形だったので、
目当てに見てみたのですが、もうすでに放置されており
荒れていました。
が、ミクリが生えていたのにはびっくりですね。
案の定、水ジュクジュクの状態でした。
で、その横の池に生えていました。
ここの沈水性植物は豊かでしたね。

また明日。
ひさびさ~。



どうもでっす。
何から書いてよいのか?

でも、隊長も帰還されたし、sonsiさんのリハビリも
順調そうでなによりです。
他の方々も水面下での活動は個人的な
やり取りで、耳に入ってくるので
安心です。

う~ん、自分もがんばらなくてはと思い、
採集になんぞ行ってきました。
無論、金がないです。汗
ガソリン高すぎです。怒
もはや、死活問題。なんとかならんかのぉ・・・。
おまけに、9月頭には友人の結婚式。
今年に入って3回目・・・。
めでたいことですが一気にこないで・・・。泣

ごめんなさいです。今年はシーズンに訪問無理かもです。
年末か、テンナンの時期には必ず行きますので。
それより、最低でも3回は宮崎いかにゃならんので、
無駄遣いはできんとです。

そろそろ本題に、
えっと、画像は福岡県です。
昨年、見つけた謎ホシクサの近場で新たに
発見しました。
ちなみに、林道ホシクサです。
よって、水中はほぼダメっぽいです。
昨年の感じじゃ、もしこれも一緒ならばツクシクロ?
かっこいいよなぁ。ショートステムっぽくて。
砂交じりの、落ち葉のかかる林の縁でしたね。

この辺は、記録としては三種の自生記録が残っているのですが、
それらしい姿は一切発見できず。
池としては、アプローチ良いところはほぼすべて。
要所で、田んぼも見て回りましたがないですね。
植生的には、かなり濃いと思います。
いたるところで、フラスコモ見れたし、

まぁ、この話は分けて後日。
夏の風物詩。


ですね~。
まぁ、採集に出かけたついでに、雑木林があれば
見る程度ですが、よく見かけます。
ある程度の高さの樹液が出ている箇所には、
よく、ノコギリやミヤマを目にします。
でも、夜のほうが数は取れるし
何より、とりやすいです。
なぜかというと、
IMG_3284.jpg

この方がいらっしゃるからです。
ズーム使って、15cm程度が限界です。笑
う~ん、でっかいなぁ。
このオーラと存在感、なんか惹かれるなぁ。
でも、夏の山のマムシ様とスズメバチ様は
トップレベルに恐ろしいです。
まぁ、マムシは臆病なんで逃げるし(踏まなければね)
スズメバチはちょっかい掛けない限りはそうはないです。
湿地でのマムシは注意してくださいね。
九州はハンパじゃないぐらいいますから。
スズメバチは素手で瞬殺です。ニヤリ

あ~、忘れてました。
ちょい前にタイのプライベート便が来ているようです。
チャンタブリ。すっごい有名な地名です。
はい、いけません。金欠です。
それと、ギニア便来てます。
う~ん、だんだん実績ついてきてうれしい限りですね。
今回のは、一種かな。
小型の紫色みたいなホシクサ。
う~ん、個人的にはシンゴっぽい気がしますね。
でも、不安でかいっすね。
生き残ってくれるかな。
これも、発根重要な気がします。
前のも、ぜんぜん発根せずに消えていきましたからね。
まだ、維持している人いるかな?
一ヶ月ちょいかな?成長点できてきた。
と思ったら、ぜんぜん発根してないし・・・・。
載せようか。過去画だけど。


くぅ~、悔しい・・・。
種子取れる株あんのかな?
種子の重要性身をもって体験しましたから。
消えてほしくないなぁ。
もう見たくないのよ。公に出る前に消える植物たちを。
ハンパな数じゃないですよ。
来た時点で枯れてるとかね。ホシクサだけじゃなく。
精進せにゃならん。自分が何とかするぐらいの気で。
もちろん、無理だけど意識的にね。

行かれた方、がんばってください。心から。
プレッシャーを共有できるようにガンバります。


モウセンゴケ


説明はいいよね。
もう昼近くなっていたので、はなは見られませんでした。

そいえば、tomoさんにいただいたコモウセン
なかなかおっきくなんないのですよね。


昨日は、ものすごく久々に
バーテン時代のバイト仲間と飲みに行きました。
いやぁ~、超久々。
しかも、楽しい。
このバイト仲間って、もう6年ぐらいの付き合いになるけど
今でも、超仲いいのですよね。
店がなくなって4年近くなるのですがね。
あのころ私は18歳。
あんまかわいくなかった子もめっさかわいくなってたし。
でも28歳になったのかぁ。爆
もう結婚してる子もいたし、子供いる子もいたし。
あのころは、バカ騒ぎして寝る間も惜しんで遊んだけど
懐かしいなぁ。
ゆり、幸せになれよ。
カズさん店がんばってくださいね。

海岸線、200人ぐらい集まって、
花火して、DJ集めてイベントしたり
バイトメンバーみんな30人ぐらいで
壱岐のペンション借りて泊まったり。
最高のときでしたな。
あゆみちゃん相変わらずやね
なお、変わらずしゃーしぃなぁ。

場所は、そのときのバーテンの師匠の店だったんですが、
ひたすらテキーラショットがつらかった。
でも、そのこと自体も変わってなくて懐かしかった。
ともさん、聡さんいまだに遊びすぎ
そのときやりすぎたことといえば、
店のあったビルの屋上で、パイ投げ。
普通するか?パイ投げって。
もう絶対経験できないだろうな。
しかも、そのときのパイが下をとおってた
車(しかもチンピラ)に直撃でみんなで洗車したしな~。

ホントおもろかった。
また近々集まろう!!みんな!!
(こんなとこ見てないだろうけどね)

現実に帰るとしっかり社会の螺旋に取り込まれている
自分に悲しくなったり・・・・。
大雨の影響は


予想以上でした。
画像は今年の、霧島のひとつの池。

で、こっちが去年の同時期。
IMG_0211.jpg

4~5mは水際が広がっています。
水深で1~2mでしょうか?
余談ですが、この池かなりの酸性で、光の屈折、にごりにくい
などの理由で、このようなきれいな色になるそうです。

今年の霧島地方は、期間内の降り始めからの雨量が1000mmを
軽く超え、観測以来もっとも土砂災害の危険が
高かったそうです。
そのとおり、爪あとが・・・。
IMG_3285.jpg


田んぼがつぶれてます。
かなりの間、こんな光景が続きました。
霧島からまもなくの場所なんですが、この辺りは
湿田が多く、川の水面との高低差も少ないことから、
道路やがけに、急な斜面ができ、そういったところが
いたるところで、崩壊しておりました。
また、地域的に砂の土壌成分が強い地域なのか、
小さな礫交じりの砂の流出がひどかったですね。
いずれにせよ、また見に行きたいですね。
9月ぐらいに。

それと、引越し先のバルコニーがやばいことに気づきました。
エアコンの室外機の排気が吹き溜まりになるようになっており、
バルコニー自体の温度が非常に高いです。
外気温+3~4度ぐらいです。汗
でも、クリプトは調子いいんだよね。
蒸れ蒸れになるような環境なのに。

ホシクサはヤバヤバです。
正直情けないぐらいにひどいです。
頂き物や、海外種の種子ない種なんかは
できる限り、中に入れました。

ちょっと、sonsiさんパクって見ました。m(_ _;)m
これなら?


隊長が元気になってくれるでしょうか?
たぶん、フラスコモ。
隣地がため池でかなり湿地状になっている水田で
見つけました。
びっくりしたのは、水温の低さ。
ため池のほうはたぎってましたが、水田のほうは
18度くらいではなかったでしょうか?
う~ん、湧水依存水田なんだろうな。
なかなか良さ気です。

え~、福岡のラン博覧会日程が決まりました。
11月22日~26日まで、
何とか給料日間に合ってて良かったです。

例のホシクサわかりませんね・・。
水田系のものではないようですが・・・・。
緑のじゅうたん!



う~ん、和むなぁ。
きれいすぎて、うっとりですよ。
ミズゴケ好きなんですよね。
特に密集しているさまは美しい。
ちょっと、ホシクサに見えなくも無いしね。
ここは、直射ガンガンなんですが、日差しが柔らかく
思ったより暑くないです。
ホシクサもありますよ。
見つけてないですけど、もしかしたら写ってるかも。
でも、高山型のイヌノヒゲ系なんですよ。
これがまた難しいのです。
特にイトとシロは苦手。
避けては通れぬ道なんで、がんばります。
やらないと始まらないですからね。
前よ。前!

こんな感じにも
IMG_3269.jpg

日本じゃないみたい。
ここだったら、大の字で寝れるな。
浸みるけど。笑
ギアナ高地はもっとすごいんだろうな。
植物の世界の見開きは何度見てもため息ものですからね。

とりあえず片付けがんばります。
現状所有している株をこれ以上減らさないためにも、
情けないですが、糧になっていることを祈りつつ。
採集は、9月・10月がメインになるでしょうからね。
北部九州でも10月まで。
南部はもうちょいホシクサ見れますからね。

みんながんばっているようですから、負けれませんな!!
犯人は・・・・。



言ってるはなから、サボりですまぬ。

もうね、気分がめいるのよ。
なぜか?

引越しで(なすりつけ)だが、ロスト株の多さに
気絶しそう・・・。
もうね、ハンパじゃないですよ。
特に、ジュエル。
やっとのことで、量産はいったのが、
もうほぼ、全滅。
何とか、マルモとフォルモサはもちそう。
痛すぎる・・・。
ホシクサも、外ほっぽリだしで、
絶好調になった種と、溶けやがった種がいる模様。
部屋が散らかりすぎて、何にも手つけれない。
種子のある種は再生がんばります。
採集なんていってらん無かったね。

えっと、画像は
犯人の、山ビルです。
見事に着弾しました・・・。汗
肉体的な、痛みやかゆみは無いんですが、
精神的ショックはかなりでかいです。
おまけに血がぜんぜん止まりません。
小一時間デッパなです。汗

この後、長靴からも・・・・・・。
アマノは見つからずとも・・・。



こんなんなってしまいました・・・。汗
何も、アマノが見つからず家のカメラマンが、
逆上し噛み付いたわけではありません。
まぁ、犯人は明日にでも。

今日は安全大会。
とは、名ばかりの飲み会です。
建設業が300~400人集まっての飲み会とならば
大体中身は想像できます。汗
中州直行のタクシーにつかまらないように、がんばります。

え~、実は告白したいことがあります。
実は私、喫煙家だったのです。
しかし、やめましたよ。
草を買うために。
酒も飲まない・ギャンブルしない・タバコすわない
う~ん、20歳弱で健全だ。

採集費用と、遠征費用を貯めねば
キリシマテンナンショウがない・・・。



見つかんないです。
もう眠っちゃってんでしょうか?
でも、雌株はあるはずだもんなぁ。
らしきものは一切見つからず。
アマノの自生地が・・・・な状況だったので、
ならばと思い、2~3時間散策しましたが見つからず。
キリシマテンナンは葉より下に果実がつきますよね?

ちがうっぽいものは山のようにありました。
というか、霧島自体の面積あたりのテンナンショウの
個体数は群をぬいて高いはず。
それぐらいどこに行ってもあります。
また、でかい個体が多い!!
一番巨大なもので、1.5mほどありました。
ムサシじゃないよ。
でも、「芸」と呼ばれるようなものは
ないですね。
探せばあるのでしょうが、遭遇率はかなり低いと思われ。

これぐらいしかなかったす。
でも結構好きかも。
IMG_3258.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。