Thorny Green
主に、Eriocaulaceae(ホシクサ科)や植物に関するHPです。 また、そのほかにも日常の様々なことや自然の中で見つけたものを少しずつ紹介していきます。 気軽に、コメントよろしくお願いします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホシクサ



某所ではすでに既出ですが、ご紹介です。

どういう流れで入ってきたかは謎ですが、
インボイスはホシクサspナロー
マレーシアのファームからだそうです。

導入時は瀕死でしたが、何とか復活しました。
というか、こいつは葉の展開が速すぎですねぇ。
やや肉厚な葉を波打たせながら葉を出します。
少しらせん状かな?


家の水槽なんですが、脇に植えてあったブリクサspベトナムを
100本ぐらいぶち抜いたら、コケまみれに・・・・。
たぶん、低床の肥料舞ったね。
しばらくはコケとの戦いか・・・。
スポンサーサイト
汚い画像


ですが、ご紹介です。

先日、お話した福岡県にあるグッピーという
お店で購入したものです。
実は、フローラメディアから来たもので、
インボイスはEriocaulon cinereumです。
たぶん違うと思います。

正直、お店での状態は最悪。
買う私も私ですが(タグが欲しかったりして)、あの状態でのこのような種の販売は
避けてもらいたいのが理想です。
痛んでる理由は、おそらく水上葉での入荷だったので
そのまま水中に沈めたのが原因だと思います。
このような痛んだ状態での入荷はなるべく浮かして
発根を待ったほうが良い結果が得られると思います。


遅れましたが、南米便が到着いたしました。
どれも、これも超魅力的な種ばかりで
ホシクサ好きにはたまりませんね。
南米のものも昔に比べるとだいぶ安くなりましたね。
状態は言ってはいけませんよ。
そもそも、南米便に状態を求めるのはナンセンスです。
あの状態から復活させないといけないのです。

がんばりますか。
そろそろ


更新をしないと怒られそうです。汗

先日のホシクサ大分県庄内で採取したものを
株分けしました。

実を言うところ、株分けがヘタです。
なぜか??
家では株別れしないのです。
3年そのままのタイショートステムを筆頭に
別れないキンバリーやら、なんやらです。
トニナやケヤリでさえなかなか別れてくれません。

でも何とか、
IMG_3664.jpg

4株取れました。
一株10センチぐらいっすかね??
感じ的にはやや幅広の葉で、葉数は普通です。
でも水中は好きなようです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。