Thorny Green
主に、Eriocaulaceae(ホシクサ科)や植物に関するHPです。 また、そのほかにも日常の様々なことや自然の中で見つけたものを少しずつ紹介していきます。 気軽に、コメントよろしくお願いします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お久しぶりです
いやぁ、お久しぶりです。
前回の更新から一ヶ月・・・・・。
申し訳ないです。
その間も、確認してくださっていた方々に感謝いたします。

約一ヶ月。ほんとに長かったですね。
現場が一応終わりました。
工期がないのはこりごりですね。
年度末というのも重なり、職人はいないし、
休みなしな上、夜業が多数・・・・。
まぁ、きつかったですが終わって何よりです。

今の現状ですが、植物はありますが、
見せれないですねぇ。
今年は種子からいってるのがどうも不調です。
発芽はしますし、枯れはしないのですが、
きれいに育たないですね。
ブロメリンもまだ10センチぐらいだし、
パクセイもウニらないし。
水槽内も良く育ってはいますが、状態悪し・・・。
どうも水がなぁ。できないです
越水もねぇ。

あ、それはそうとアマノがすごい値段になってますね。
今まで、採取物が数度出回ってますが以外に根付かないですね。
流通した数は数百はいってるはずなんだがなぁ。
たぶん今流通しているアマノは霧島のだけだと思いますが
別産地もあるんだなぁ。
たぶんアマノだけど、出したくないのが本音。
他にもいくつか私発信のホシクサありますが、これは出したくない。
だって、今のホシクサ流通の形態ダメダメですもん。
私感ですけどね。
超育成派の方々の功績や、技術をもっと実感して欲しいなぁ。
特に、南米物は特に。
国産種にしても、やっぱ見つけたものがちみたいなとこも
あって良いと思います。
キネレウムなんかは特に地域変異多いわけだし、その辺は
栄養繁殖したものの流通が望ましいっちゃ、望ましいしね。
無論、種子による流通を批判しているわけではなく、肯定では
あるのですが、常識は考えて欲しいいとこ。
販売側だけでなく、買う側ももっと知ってほしい。
漠然と「ホシクサって」でもいいから好奇心を
もって欲しいです。
私の知る限りは、公開するし聞いてきてください。

今年も、面白いの出せるようにがんばりますから。
ちなみに、アマノは発芽条件に若干癖ありますし、
ロットによっては発芽に時間がかかります。
現に今年のロットは発芽激おそだしね。
まぁ、がんばって。

それよか、まずはテンナンショウですね。
う~ん、やまいくじかん取れるかのぉ・・・・。

瀕死ですがまだ、南米が・・・・。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。