Thorny Green
主に、Eriocaulaceae(ホシクサ科)や植物に関するHPです。 また、そのほかにも日常の様々なことや自然の中で見つけたものを少しずつ紹介していきます。 気軽に、コメントよろしくお願いします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クロホシクサ



さくらの咲く季節に合わせて満開でしょうか。

くろほしくさがいい感じになってきました。
背景は無視してください。汗
汚いなぁ。

IMG_4515.jpg

そして、もう行き場所のなくなったオオシラタマホシクサ。

でかくなるのは良いですが、少々早すぎますね。
似たような株が、他にも・・・。
とりあえず、水槽沈めますか。

水槽と言えば、すこーしは良くなってきました。
まぁ、生物兵器に頼らずここまで来たので、
後は、水質調整でなんとかなるはず。


そういえば、ポソはやばいですね。まさかの展開です。
しばらくは出し惜しみしときます。笑
他、発芽難種の子達ですが、いまだ出る気配なしなので
ちょっと、一回乾かしてみます。
やはり、湿地系の種はてこずりますね。
スポンサーサイト
ブロメリン比較



ぺねさんところのコメで
ブロメリンのことがちらっと、でていたので
載せてみます。
と言うか、これは何度でも載せたい感じですが、(単にネタが・・・・。)

まずは、二年前の初導入の際の画像。
結構寸詰まりで来たのですが、
高湿度、低光量で育成し、なおかつ液肥ガンガンと言う状態で
デローンっと、でかでかなりました。
これはこれで、好きだったりするのですが、
葉長が30センチ越えるのはなんとも勘弁していただきたいです。

IMG_4115.jpg

ちょっと前に載せましたが、今回の形状。

湿度落として、メタハラ直下で照らしてます。
ただ、肥料はほぼ与えてないので、そこまで大きくはなっていませんが
それでも、15センチぐらいはあります。
肉厚のある寸詰まりの感じもまた良いです。
って、今に始まったことではないですが、病気ですね。

一枚目の横のは、後にも先にも
唯一購入した、ワイルド株のパリジネルビア。
正直、クリの感じも好きで、
猫が店長さんの水草屋さんでみた、一面ヒューとか
師のスワとか、ロンギとかかなり気に入っていたりします。
もう少し、したらもっと増やそう。
クリにシダね。
リコポ大好きだし、ダバリアとかアジアンタムとか
あ、サトイモもいかないとなぁ。テンナン・・・・。
ウマノスズクサもしたいところだし・・・・。
うむぅ、ネタが・・・。


ないですわ。

結構、発芽はしてきているものの、まだまだお見せできる状態では
ないですし、何より、特徴がない。汗

発芽してないやつは、発芽難易度激高なやつばっかりです。
増殖命令発令中です。
実際、ホシクサの発芽要因いまいちつかめてません。
光・水は最低限なんですが(温度もか)
どうしても、種類見ると+αが必要なやつが出てきます。
パエパなんてその代名詞。
どんなにやっても無理ですわ。

画像は、また過去画ですが、
Eriocaulon sp seka産の開花マックス画像。
先日の画像で、葉がうねってましたが
花茎もうねるんです。
どちらかと言うと、ホシクサっぽくない葉ですかね。
基部には、しっかり数株出てきてますね。
この辺、なんかアロエっぽいです。

IMG_4480.jpg

ちょっと前に、よく目にした
Eriocaulon sp Akat amnuai TypeMですね。
まま、よく目にする形ですが、
メタハラ直下で焼くと、やや寸詰まりになり
肉厚の葉で、がっしりしてきます。
また、花が咲いてからほぐれるまでが
結構早いので、種子はタイミング見計らっての採取が無難です。
でないと、ぽろぽろとばら撒いてしまいますので・・・。

リンク追加しました。
Kosaさんのブログ「GREEN*ISM」です。
植物が、めっさ状態よく、しかも写真がきれいに写っていて
うらやましいです。
水槽の写真も、水が輝いてますよ。ホント。
仕上がった水って言うのは、輝きが違いますね。
URLのブランネリって言うのも気になっていたり・・・。

あぅ~、めだか欲しいなぁ。
ピーコックガジョンもええなぁ。
何度も使ってますが、何か??



ゴマシオホシクサ。
きもいばーじょん。

やばいんですよ。この形。
なんでしょう。このかっこよさ。
ゴマシオは、極めるとおもろいと思います。
と言うか、これでてたら買う。
それぐらい気に入ってる草体。
茎は10cm越えます。
何度もみてほしい感じです。

と先日、壊れた画像の子の過去画
IMG_2692.jpg

seka産のホシクサ。
まぁ、一般タイプですが
仕上ると、肉厚のうねうねになってかっこがよいです。
生産開始しましたが、なかなか発芽そろわないねぇ。
ねたがないのです。


ネタなし、甚だしいです。
ちなみに、そんなにレアなのもってねぇですよ。
ウニはないし、今のところ水槽死にかけで極少数しか入ってないです。

なんで、ブロメリンとクロの花を比べてみたり。

う~ん、苦しいなぁ。
でっかいです。
ネタにならないなぁ。

IMG_4463.jpg

佐世保ウニ選抜系統。
やっぱおもろいかも。
がんばって生産したいです。
超小型で、葉数増えつつ。
水槽内でも同一形状。
やっぱネタになんない。

IMG_4507.jpg

こやつは生産中。
すこ~しは違うかのぉ。

う~ん、盛り上がりに欠けるなぁ。

IMG_4459.jpg

やっぱ、ポソ。
なんですかね、このクモの巣は。(ちゃいますよ)
なぁ~んか、調子よいと花芽出さないような気がしてならんです。
続 ポソホシクサ



ナメクジが這った後ではないですぞ。
葉の基部に、細毛が生えるんです。

変ですね。
がんばってみる



なんだか、ブログが単調になってきたんでがんばって見ます。
まずは、ブロメリン全景。
なかなかええ感じになってきてますが、でかすぎて
どこにピンあわせてよいのか・・・。
花茎の毛はバッチシ見えますよね。
もう少ししたら、花みてみよう。

IMG_4435.jpg

次は、維持難種で
増殖命令の出ている、ポソホシクサ。
この系統ではかなり特異な形状。
らせん状に展開する葉。
葉の基部には細毛が生えてます。
なんでしょかね??
ボリビアンやら、ミカドがこんな感じになりますが、
Eriocaulonなんでしょかね??

で、たまにはやったことでも。
IMG_4433.jpg

こやつの植え替え。

ホシクサspトゥティブサールビンタン「デカボシ」
こうなったらダメな典型な状態です。
こうなる前に、植え替えてくださいね~。
じゃないと、成長も遅くなるし、ダメになる子がでてきます。
そして、何より・・・・。
IMG_4440.jpg

こうなります。汗

こうなると、バラせないし、根が傷みます。

水のなかに付けて、少しづつほどいて行きます。

なんとか、がんばって
IMG_4447.jpg

ええかんじなんで、がんばってもらいます。
咲きました。



咲きましたよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。