Thorny Green
主に、Eriocaulaceae(ホシクサ科)や植物に関するHPです。 また、そのほかにも日常の様々なことや自然の中で見つけたものを少しずつ紹介していきます。 気軽に、コメントよろしくお願いします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
50000HIT!!


してました。汗
てか、もう51000近いし・・・。

いやぁ~、こんなにみていただけているなんて光栄です。
これからも、ぬるくみていただけるように、それなりにがんばります。

画像はポソホシクサその後。
いちおう経過として載せておきます。
某所でも公開予定です。笑

完全に有茎。しかも螺旋。やばいっすね。
スポンサーサイト
もう10日も前なので


とりあえず先に、前回分の散策状況でも載せてみます。

まずは、ミヤマウズラですね。
やばいですよ、和製ジュエルといったところでしょうか。
かな~り、目にする機会が減っておるのも事実です。
そんなに採るものじゃないでしょ?
需要がそれほどあるとは思えませんしね。
ミヤマウズラなんて、数百円ですよ。
採るのが悪いんじゃないですよ。
根こそぎとかそんなのが嫌なだけ。

まぁ、がんばってきれいな姿を見せてくれているので。

IMG_4650.jpg

IMG_4649.jpg

かなり、時間が限られていたので、もう暗くなりかかっていますが、
テンナンですね。
なんだか、暗がりで見ると、シャ~ってきそうですが
後姿美人ですねぇ~。
はい、変態です。
テンナンもカンアオイ同様はまると怖いです
やや早咲き系ですね。

IMG_4652.jpg

最後に、スミレなんか。
春ですねぇ~。
写真が死んでますが・・・。隊長に怒られそうな・・・。
ショウジョウバカマ


う~ん、この時期テンナン見に行くと、必ず目にします。
あぁ~、ヤバイ、テンナン見に行かないと。
なんで、今日は画像集で、
この見ると、もう少し見て回るだけでいろんな花があるものですね。
正直、ショウジョウバカマの花の色違い見るのは
毎年恒例になりつつあり、楽しみでもあります。
IMG_4582.jpg

IMG_4617.jpg

IMG_4637.jpg

IMG_4645.jpg

IMG_4646.jpg

とんでもない贈り物。



をいただいてしまいました。汗

送り元は、関東指令本部のペネロピィ指揮官です。
ま、まさかこんなにたくさん送っていただけるとは思ってもいませんでした。
一枚目はパロポ。
言わずと知れたAS便で来た子です。
ポソとも同便ですね。
以前あったのですが、情けなくロスト・・・。
や、ヤバイぐらいのウニです。プ・プレッシャーが・・・・。

IMG_4727.jpg

中国広州産。
詳細は、よくわかりませんが、これもすごいウニです。
IMG_4728.jpg

ホシクサspThailand2007.9
確か、一般便で着ていたと思います。
これはすごいです。
だいじょぶか?俺・・・。

IMG_4729.jpg

spカンボジア。
いまや、キンバリー以上に有名になっている気が・・・。
すごすぎます。。
IMG_4730.jpg

バイア。
何気に、初物です。
何で買わなかったんだろう??ってぐらいかっこいいです。

早速ですが、植え込んでみました。
IMG_4732.jpg

バイア。
南米系ですが、心の中の自分が「やばいんじゃない?」と言って来ます。汗
IMG_4733.jpg

カンボジアです。
水槽内だとウニ系はひときわ映えますね。
すばらしいの一言です。
IMG_4734.jpg

中国広州産
今後の展開が楽しみな感じですね。
正直、ちょっと怖いです。手が震えて・・・。
IMG_4735.jpg

パロポ。
わ、別れてやがります。
いいのですか??私なんかがこんなのいただいて・・・。
IMG_4736.jpg

spタイ
これはすごいですね。
これオクででたらいくらぐらいするんだろう・・・。

ぺねさんどうもありがとうございます。
たぶん、皆さんの中で一番水中がヘタな私ですが、がんばって
維持していきたいです。
枯らしたら、みそかすにいって笑ってください。汗

Eriocaulon sp seka産



特徴出てきました。
本間さんから出てたって事で、いちおう現況載せてみます。
となると、以前の本間さんのakatはM??謎です。
こうできている子もいるのですが、まだまだですね。
やっぱり、うねうね~。
IMG_4687.jpg

上から。
せかは、花と同時に別れますね。
とりあえず、実生株と栄養繁殖同時にがんばります。
シダ・コケなど


ええ感じのシダ。
存在感がなんともいえませんな。

IMG_4598.jpg

コケ??
うむぅ、よいですぞ。
やはり、フィールド出るとたまらないですね。
ついつい、奥に奥にと・・・。
実際、クマバチが頭上をうろついてましたが無視で。笑
自生地見るが一番ですね。
IMG_4608.jpg

シダじゃないですが、ミツガシワ。
動き出してますね~。
もうシーズン到来って感じです。
沈水性の種もちらほらみられました。
他にも、ジュンサイとかヒツジグサも元気いっぱいの葉を出してました。
和みますなぁ。
IMG_4626.jpg

ノキシノブ。
山で見るとぜんぜんちゃいますね。
いい感じですねぇ。
やっぱ山は良いです。
シダも覚えて行きたいなぁ。
師に教えを請わないと。

IMG_4628.jpg

やばいなぁ。
ホントやばいですよ。

AS便結構いかれているみたいですね。
いいなぁ。画像で我慢です。
オクの、ホシクサもいきたいのですがねぇ。金無しですし。
余談ですが、確か新田原のホシクサのところ
去年はジャガイモ畑になってたので未確認ですねぇ。

花2(Eriocaulon sp Akat Amnuai Mtype)


まずは、全体。
もう外には、結実した種子がこぼれていますね。
国産のキネとかもこういう挙動で、結実してから
こぼれるまでの期間が短く、また、もろくなりやすいので
なるべく早めの採取、若しくは、他の鉢なんかにこぼれないよう、
混ざらないようにの処置が必要です。

IMG_4715.jpg

と、種子はかなりの数できているのですが、
中心部は、未成熟な花の元が散見できます。

また、基部は無毛ですが、かなり軟質な基部でした。
根元細くなり、先に行くほど太く(未成熟な花の集まりか?)
なっていました。結構特徴的です。

IMG_4717.jpg

雄花ですね。
苞は白色で無毛。で、がくは下方で苞状に合着といったかんじでしょうか。
上部に黒点が少量確認できます。
正直、20倍じゃしんどいです。汗

IMG_4721.jpg

雌花~。

下にチラッと写っているのは、総苞片です。
雌花のがく片は、若干黒点がありますね。
かなり自信薄になってきましたが、がくは3で、花弁は2
正直どっちがどっちか判断できず・・・。汗
ですが、たぶんあっているかと。
触覚みたいなのは、おそらく花弁から出ているもの。
これ、かなり特徴的です。単細胞質の毛ですね。
見にくいですが、がくの内方には細毛があります。

と、こんなですがあんまり参考になさらず。
実際20倍じゃ厳しいところがでてきます。
しかも、鼻息注意ですね。マスクが良いかと。
IMG_4718.jpg

種子です。
線上の突起がありますが、結構みられる特徴です。
感じ的には、イヌノヒゲに似てるかな。
種子精査するには、100倍ぐらいいります。汗

花。


ちょいとフィールド一休みの小ネタ。

ホシクサも少しは出さないとね。

ブロメリンの花芽。
展開激おそです。
いまだに頭頂部が開いてないですね。
まぁ、頭花固いし、種子乾燥するまで放置で。
根元はどうやら、新たな成長点形成したかも。
単に、成熟不良な葉鞘かもですが・・・。
基本は1年草的な感じですが、環境安定させてやればでるっぽいです。

IMG_4661.jpg

クロの花芽。
もうとりきりませんです。
とってもとってもでてきます。

IMG_4663.jpg

花つながりで、アポノゲの花。
もうじき満開。
変な花です。

入荷あってる模様です。
AS便ですね。
ホシクサも着ているようで興味しんしんですが、
実弾がないです。汗
ボーナスが少しでもあるからやっていけてますが、ないと
すでにパンクです。滝汗
今年はボーナスなさげですし、やばいんでないでしょうか。
実家に強制送還か?
トウゲシヴァ~。。。


好きなんですよ
リコポ。

数年前見つけて以来、もうとりこです。

他にも見たいなぁ。
ムカデカズラとか、ナンカクランとかヨウラクヒバとか良いよね。
最高の形。

しかもシダって言うのですから、これまた良いです。
IMG_4597.jpg

たまらんです。

う~、ホシクサネタは特にはないかなぁ。
発芽しねぇです。

ヤバイ、増殖命令がぁ~~。
オークションの種買うかなぁ。汗
カンアオイです。


う~ん、りっぱな葉です。
正直、ぜんぜんわからんです。
ただ、家の彼女は大はしゃぎです。
無類のきもいの好きなんです。

あ、私はきもくないです。汗

好きな花は、
クリプト・テンナン・ウマノスズクサです。はい、あふぉです。

なぜ、急にカンアオイかといいますと、
IMG_4587.jpg

ちょうど、花の時期なんですね。
いや、自生地で見ると、味があっていいです。
これは、ウンゼンカンアオイでよいです??

園芸では、かなり活気があるようで、これもラン同様に
乱獲の対象になっているようです。
また、葉模様などの芸が価格を左右しするようです。
ここまで、園芸で流通してるんだから、採らなくてもいいのに。
未熟な若造ですが、単に消費するのは嫌いです。
作る楽しみもあると思うんです。
あ、あんまりしゃべりすぎも怒られそうなんでこの辺で。

IMG_4593.jpg

う~~、りっぱだなぁ
ちょいとネタ探しに


いってきました。
それと、テンナンショウ見に。

超小出しにしていくうえに、ホシクサ関係でてきません。笑
まぁ、ホシクサは早くても梅雨明けですね。
8月ぐらいには、ある程度でてるはずです。


そういえば、ふと思ったのですが、
以前、Green Noteさんで、AKAT Mがでてたぐらいに
本間商店さんででてたAKATはMじゃないと思います。
水中だと、さらに小型ですし。
推察ではありますが、たぶんMはでて来ないでしょうし

もひとつ思ったのですが、spカンボジアはいつから
この名前になったのでしょう??
確か最初はspルハールだった気が・・・・。汗

ウニ系は高すぎて手が出せねぇ~です。
かっこよいですけどね。
Mの現況でも


載せれるような子が今少ないので、
アカットMの現況でも。

はい、花盛りですね。

この種は、花と同時に別れないと目にしましたが、
家でもそのような挙動は今のところ確認していません。
こうみると、日本のヒロハみたいな花芽の展開の仕方です。

ある程度のホシクサ科共通なのかも知れませんが、
(日本のように四季があったり、雨季・乾季があったりするとなおさら)
花の展開ステージに達したものは、湿度を必要としないと思います。
ちなみにこの子は、常温・常湿度です。
花芽と同時別れたりするような子は、湿度管理してがよいかと思いますが、
このように、別れない子は、特に成長点付近の動きが少ないために
若干の蒸れや、環境の悪化に左右されやすい気がします。

ちなみに、AKAT  Mは、花後成長点付近から
ワラワラとでてきますので、種子採取しても捨てないように。
すご~くネタがない


のですよ。

こう発芽している種は、少しはあるのですが
魅力を引き出せてないので、載せてもねぇ。
IMG_4554.jpg


う~ん、毛色の変わっている子は発芽しないっすね。
やばいねぇ。
ホンの少しあせってきました・・・・。

もう少しすると、デカボシが花芽あげるぽいです。
こうなると、デカボシは量産可能ですな。
ある程度までは、水上いけるし、根はりよくて少しは放置でOkですしね。
ただ、魅力を引き出すなら、少しステージを選びそうです。
でかいっすからね。

IMG_4561.jpg

ネタがない中に、少しはネタになってくれる子がいました。
アポノゲトンの花が咲いてました。

あ、もう4月か。
テンナン見に行かなきゃ。そしたらウマノスズクサも。
ウマノスズクサのところは大きなカンアオイの群落がありますし
ミヤマウズラや、トウゲシバもみたいなぁ。

と、思いつつバルコニーを見ると睡蓮が動き出し、
ホシクサも発芽しておりました。
今年は、忙しくなりそうだなぁ。
ネタなし過去画 (今はありません)


新鮮野菜、しゃきしゃきです。


IMG_2305.jpg

何気に、ポソホシクサの入荷時画像。
この子はいませんが、子孫がつないでます。
意外と、普通だったんですね。
自生地より、かっこよくなるとはなんともいえない感じですな。

正直言いますと、このときぐらいには水槽に30~40種入ってたんですが
一気に調子を崩し、ほぼロストしてしまいました。
ホント、茫然自失でした。
しばらく、何もする気が起きなかったり・・・。
やはり、60レギュラーでそこまで入れるとやばいですね。
もう、瞬く間ですからね。

IMG_3675.jpg

載せたかどうか記憶が定かではないですが、
1年前に来たホシクサ?です。
考えてみれば、ここから新規買ってないのではないのか?
はぁ~、1年買えない上に今も金欠・・・・。情けない。
硬質で針みたいと言えば、これが思い浮かびます。
シンゴナンサス?バイアですね。
たぶんこれとおんなじのが、2・3回来てるはずです。

この後、まもなく葉を全切除し、
ホルモン等の手を施しましたが、発根せず・・・。
3ヶ月ぐらいはいましたが、スカスカになりendでした。
発根は重要と再度痛感いたしました。
あ、発根して株別れまでしたダカショ・・・・・。泣

過去画出すと、萎えますね。
どんだけ溶かしたか身にしみます。

はぁ~~~~
流通名「アマノホシクサ霧島産」



もう、場所がかなりきついんで、隅っこに追いやられ
暗がりでひっそりしていたアマノさん。
ごめんよぉ~。
でも、照明落としていたせいか、茎はかなり伸びてます。


佐世保キネの比較
gazou 036

選別時。
撮影が2月3日になってるので
現状、約2ヶ月経った事になりますね。

IMG_4541.jpg

葉数も増えて、理想的な形になってきました。
とりあえず、感じ的には小さめなかんじ。
もしかすると、ちゃんとした花上げないんじゃないかな。

株数減ってるんですが、それは一部強制送還したからです。

あ、そうそうネタがない中、ブロメリンの種子取れました。
簡単に分解してみましたが、おそらくEriocaulon属でよいかと。
まぁ、簡単になんで時間見つけて詳しく見たいですね。
しかし、毛がはえてるのとか面白いですよね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。