Thorny Green
主に、Eriocaulaceae(ホシクサ科)や植物に関するHPです。 また、そのほかにも日常の様々なことや自然の中で見つけたものを少しずつ紹介していきます。 気軽に、コメントよろしくお願いします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大阪行ってきました。

ちょっくら大阪に行ってきました。
いきなりですが、到着してこれです。





う~ん、これを貼るにいたった光景が思い浮かびます。

「すいません、自転車での入場は他のお客様のご迷惑に・・・・・。」

「え、なんでやのん?」

「ですから、他の・・・・。」

「書いてへんやん」

「・・・・・・・・・・・」

大阪いきなり想像力を高めてくれます。

で、ホシクサオフ会開始と言うことで、皆さんと合流。
う~ん、みんなイケメンです。
この後訪れた、るぅつさんといい、しんぺーさんといい
ホシクサ好きはイケメンが多いのか?

早速、Rootsさんへ。
猫ちゃん元気でしたね。
楽しい話ができました。
スリナムソードはええですね。やはり、パナダヌスなのか?
そそられますね、あの草体。ええ草です。
それに、ヒグロリザ。あれもいいものですね。
扱うところが少ないだけに見れて良かったです。てか、ほしい。
それに、ヒュー水槽も健在でしたし、ロザエネの葉裏もやばかったです。
あつ~い、お話ができました。
るぅつさん、ありがとうございました。
あまりにも、居心地が良すぎてついつい長居を・・・・。
お邪魔でした。

と、非常に名残惜しかったですが、次の目的地へ。

途中、食事によりました。
IMG_4912.jpg

ぺねさんの画像と一緒ですね。
お好みはやはりいっとかないと、と言うことで
ここで、昼食。
パンパンしたがるぺねさんを羽交い絞めにしつつ、
店員さんに仕上てもらい、おいしくいただきました。

んで、ちょいと買出しと言うことで、下に下りたのですが
チラッと目にはいった、園芸コーナーに誰が言うもなく
みんなの足が向いていたのが笑えました。

そして、程なく次の目的地へ。

IMG_4921.jpg

Green Note店主。
ということで
Green Noteさんにいってきました。
ホントに見れて良かったです。
ちなみに、設計なんかしてないです。いたずらにお絵かきしただけなので
そこんとこよろしくです。
そこに、うわさの床屋さん(なんとなくピンときてました)
前回、しんペーさんと一緒に山に行ったA君も合流。
私にはまったく持って、ちんぷんかんぷんな
会話が繰り広げられていました。汗
ぺねさんが言うとおり、たけのこがどうとか・・・・。
変態さんの話は、さっぱりです。爆
ここに、師がまじっていたらと考えるとゾッと(いい意味で)しますね。笑

その後、またも食事に行き、さらにちんぷんかんぷんな話が・・・・。笑
んで、そのまま就寝。
次の日は、秘密です。・・・・
某氏と合流予定だったのですが、上司に会議を入れられたとのことで
次回に持ち越し。九州オフでもしましょうね。

と、3日目。
しんぺーさんの心遣いで、この日は観光へ。
ちゃんと見てきました
IMG_4958.jpg

らしいです。

その日の、終電で帰宅。
帰ってきてまもなく、すでに大阪行きたい病が発病。
もう治らないらしいです。

ぷちあんさん、mina3さん地元幹事ありがとうございました。
ぺねさん、こーじーさん、gannzobさんとても楽しかったです。
るぅつさん、期待してますよ。もろもろと
それに良いもの見せていただきありがとうございました。
もう一生見れないかもですね。
床屋さん、A君、濃すぎですよ。汗やばいぐらい楽しかったです。
しんぺーさん、3日間ともに至れりつくせりでありがとうございました。
今度は、こちらがもてなす番なので覚悟よろしくです。
病欠のしんころさんには、関東オフで幹事をやっていただきましょう。

う~、大阪やばいです。また近々行くかも・・・・・。汗
スポンサーサイト
ネタはないのです


ので、佐世保キネ。
させぼんという愛称をいただいたらしいです。
よかったですな。

池のキネっていうことで、水田で見るのとはまた違った感じなのか
いった先々でいろんな姿を見せてくれております。
ただ、小型なのは変わらないのかそこはいい感じですね。
Eriocaulon sp タイ  ブロメリン
IMG_4895.jpg

まずは、頭花全体です。
中心部の感じが違って見えますが、これは
中心よりに雄花が密集しているからであります。
不思議なことに、周りから展開していくにも関わらず、
中心部に雄花が密集。
う~ん、花の展開遅いのに、自家受粉拒んでいる感じなのかな?
IMG_4897.jpg

次に、花床です。
無毛ですね。
手前に見えるのは総苞片です。
IMG_4899.jpg

ブロメリンの特徴のひとつでもある、
花茎の細毛です。
まばらに、ちゃんと毛が生えていますね。
IMG_4900.jpg

総苞片のupです。
白色で、全体に細毛が密集します。
細毛自体がかなり繊細で特徴的です。
IMG_4904.jpg

雌花です。
う~ん、一回の更新で濃すぎるかな。
まぁ、続けます。
苞を取り除いた状態ですが、はっきりとがくと花弁が確認できます。
ちなみに、雌花の苞は白色で有毛、上部の外側に白色の毛が密集。
全体にも総苞片と同様の毛が散見できます。
また、雌花・雄花ともに花の基部に毛を有します。
また、がく・花弁ともに3枚で離性していることからEriocaulon属となります。
がくは白色無毛。やや細身の長楕円形。
花弁は有毛。白色で上部に白色の短毛が密集します。
IMG_4905.jpg

ピンボケが情けないですが、コメリートむつかしいのです・・・。汗
雄花です。
苞は、白色でほぼ雌花のそれと同様の形状をしています。
がくも同様。
花弁は、白色半透明で上部が浅く3裂し、まばらに毛が生えます。
IMG_4909.jpg

最後に種子。
ホシクサ属の中では、かなり丸みを帯びた形状をしています。
また大きさも大きく、国内のヒゲ系の一部に種に似た大きさです。
キネやクロの倍はありますね。
また、詳しくは見えませんが線上に突起のようなものが並んでいます。


あ~、ちょっと一回の更新にしてはもったいないかなぁ??
でも、やっぱり40倍と100倍が欲しいですね。
ある図鑑には、20倍程度の実体顕微鏡とありますが
実際花分解するには、3~40は欲しいですし、
種子精査するには100倍いります。

とこんなところで。
この前の続き、、


と、前回の続き、
シダっすね。
なんとなく色が違ったので撮ってみました。
濃いいとカッコがよいですね。
IMG_4768.jpg

コケですね。
こういったコケを見ると盆栽がやりたくなるのは私だけでしょうか?
最近、豆盆栽でこういうコケの盆栽見ますね。
IMG_4769.jpg

やっぱりリコポ。
トウゲシバです。
やはりリコポはやばいですね。
IMG_4771.jpg

う~んコケですね。
なかなかナイスです。
IMG_4773.jpg

半水中に自生しておりました。
水中いけそうですね。ムリ??
IMG_4775.jpg

う~ん、なんか見たことある感じです。
バブルモス?spマナウス?
これも、水中にあるのもありいけるのではないでしょうか?
薄いグリーンが素敵ですね。
IMG_4772.jpg

これはいけるでしょう。
ホウオウゴケでよいですかね??
良いです。
もう少ししたら、湿生・沈水性の植物に活気が出てくるでしょう。

それと、オフ会。いちおう参加予定ですが
上司の気分によっては・・・。
たぶんだいじょぶだと思いますが、、、、、がんばります。
この時期やっぱり


テンナンショウなのです。

世間ではGWというやつだったらしいです。
まぁ、今年は暇なせいかいつもよりは休めましたが、
しっかり入居者から連絡はありました。汗
しかも、普段休みなれてないせいか、休みの使い方がへたくそです。泣

で、結構前になりますが、山なのです。
う~ん、マムシグサ?
良いですね、この形。
IMG_4745.jpg

まだ、雄花でしょうか。
もう少しかな。
IMG_4749.jpg

これは、もう雌花かも。
けっこうでかいです。
高さが130センチぐらいかな。

IMG_4753.jpg

黒花なんかもあったりします。
個人的には、黒いほうが好きかも。
でも、福岡市近郊はほぼマムシグサですかね。
ちょっとした情報で、佐賀のあるところにヒメウラシマ
あるらしいので、いけたらいってみます。
IMG_4747.jpg

この光景、日本じゃないっぽいです。
オーストラリアの熱帯雨林こんな感じでした。
木の大きさこそぜんぜん違いますが、シダが生い茂り
頭上を見上げると、コウモリランやらタニワタリがいたるところに。
また行きたいですな。

最後に、師の好きなアザミ。
もう咲いてました。
IMG_4751.jpg

後半に続く。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。