Thorny Green
主に、Eriocaulaceae(ホシクサ科)や植物に関するHPです。 また、そのほかにも日常の様々なことや自然の中で見つけたものを少しずつ紹介していきます。 気軽に、コメントよろしくお願いします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
会社グダグダ・・・。
もう、どうなるんでしょうか?

自主退職者募集期日の直前に
うちのメインのデベロッパーが民事再生手続き開始申し立て。
その影響もあってか、最終的には30人になりました。
残るのは20人ほどですが、そのうち10人は勤続3年未満の
退職金受理対象外の社員ばかりです。
やはりこうなりましたか。

まぁ予想通りですし、当然の結果だと思います。
出してない(私も含めて)人は、この状況をふまえた上での
対応です。

そして、先日、退職届を出した人が社長に招集され、

「とりあえず、自主退職は保留します」

でましたよ。

でも、この言葉を待ってたり・・・。
じゃないと、残る意味が無いですから。
後は、会社がいつまで残るかが問題ですね。


と、いくつかホシクサが着ているようですね。
うむぅ、どうでしょう?
私は、お金が無いのでいつものとおり傍観ですが、
見た感じはどうなのかな?
どうも、ホシクサバブルになっているような気が・・・。
なんだかね~。ウニ系?ヒロハ系?ヒゲ系?
難しいですな。

こう省みると、昔は名品が多かったです。
サラワクMはいまだにほしいし、デカボシもキンバリーナローも
セタケウムもいまだにトップクラスです。
それに加えて、ボリスタやマットグロッソ、トニナ・スターレンジに代表される
南米産。やばいですね。
ゴイアスは永遠のスターですね。久々にキングゴイアスが見たいです。
最近ので言うと、ブロメリンかなぁ。

んとね、本音を言うと高くて買えません。泣

でも、やっぱりギニアナローはいいもんですよ。(メサンテムムのほうね)
スポンサーサイト
ふぅ~。

ブロメリン大量に撒きました。
100は蒔いたかな。
ちょい前に、貧弱水切れでやってしまったので
がっつり仕上たいです。

ただ、会社が大規模リストラ敢行。
自主退職募集期限が明後日です。
会社としては期限までに人数集まらなくて
肩たたきする予定だったのでしょうが、現時点で
社員のほぼ半数が提出。
予想外の事態だったのか、社長パニック。
それというのも、自主退職者には規定どおりの退職金を。
それ以降に関しては、就業規則を変えて(勝手に)
一律、約3割のカット。
そりゃやめますよ・・・・。
現在工事中の現場よりも所長のほうが少ないと言う
もはや、あぼーんな展開です。
ただ、今日部長からやめるなとの通達が。
もちろん、退職金は下げないですよね?と聞くと
何とかするとの事。


全社員数                 55人
現状の仕事を回す最低限の人数   40人
現時点での退職届提出数       20人
まだ増えますな。



汗・・・。
大昔のボリスタ2000


まぁ、画像は過去画なんで気にしないでください。

さて、ふと見ると、タイ産のホシクサがいくぶん出回っているようですが、
どうなんでしょうか?
この時期の入荷は良くわかりませんが、結構わかりづらいです。
いかれた方いますかね?

気になるのは、タガワエといわれているものですね。
Eriocaulon tagawae
確かに、タイの標高1200mほどのところで
採集されたものが標本として残っていますが
どうなんでしょう?
標本の個体を見る限りでは、やや細めで線状の葉を束生させ、
葉長は4センチほどでしょうか。
また、花茎は細く、長さ30センチ程度。
花茎の割には、大型の花をつけるのが特徴的です。
それに、標本の採集日が11月10日になっています。

気になるのは、同便だろう個体でやや値段に差があることですね。
成長し、花をつけた姿がぜひとも見てみたいです。

あ、あるとしんぐー。やばすぎます。
半年前に見せていただいたときとは、比べ物にならないぐらいかっこよいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。