Thorny Green
主に、Eriocaulaceae(ホシクサ科)や植物に関するHPです。 また、そのほかにも日常の様々なことや自然の中で見つけたものを少しずつ紹介していきます。 気軽に、コメントよろしくお願いします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ケヤリの気泡じゃねぇ・・・。

なんとも、空腹感が・・・。汗

そいえば、最近ケヤリと言えば、カンボジアとか、スリランカファームとか、
タランとか、インターメディウムとか、ギニアとか、はよく目にしますが
アルアナンはどこにいったのでしょう??
サンベネもあるけど、バースのケヤリはいずこへ??

スターレンジも、カラパナはどこだ。
こいつは絶対残さないといけない種。

トニナも混ざってる・・・。汗

あぁ~、なんかマイナスっぽいブログになってしまう・・。

最近、いそがしすぎて、ちょいと脳みそが糖分欲しているのもあるのです。

ネタは相変わらず無いですし。

ギガンテは発芽しないし。発芽してるほかの種もでっかく・ごっつくならないのです。

これで終わるのもなんですから、

IMG_5438.jpg
こういうのを撮ってみました。
珍しく。

ええぇ~っと、エキノドルスspパンタナルだったかな。
ジャングルスター№1の次に好きかも。

それはそうと、ヤフオクのスイシャ。
欲しいけど高いなぁ。
う~~ん、花の写真でも見てみたいなぁ。


スポンサーサイト
ホシクサ
IMG_5406.jpg

が、干草になってしまいました。

こいつは、お友達のほしさん由来の黒い花のヒロハイヌノヒゲ??なのですが
パッと見た感じでも、やはり黒いです。

んで、現在分解同定中なのですが、いまいちよくわからん。
なんだ?これ?って感じです。
正直なところ、イヌノヒゲ系の種は、現状の鑑定表では
分けるのは不可能ではないかと・・・。
自然交雑なのか?亜種的なものが多いですね。
特に、地域名ついてるのはね。
でも、ガリメギは変だった気がするなぁ。う~ん、コシガヤもみたいなぁ。
宮本先生の論文が楽しみですね。

あ、そういえば、ヤフオクのスイシャ気になりますねぇ~。
触手が動いたのは久々です。
花見てみたいなぁ。
ゴマシオみたいな感じなのか、
まず、スイシャなのか?ナントウなのか?オキナワなのか?
そこまで、ふまえたうえで気になります。

それと、最近南米ホシクサの花がよく来てるみたいなんで
この前書いた、5年ぐらい前のドライフラワー
写真撮りました
IMG_5432.jpg
まず、これ
いわゆる、ボタンフラワーと言うやつです。
こいつ、種子はまま入っているんですが、少ないですね。
しかも、花の成熟状態にかなり左右されるような感じです。
まぁ、ドライフラワーですから、咲いてたらいいわけで、成熟していなくても
無問題なんですね。
ちなみに、50本ぐらいの束で800円ぐらいだったと。

IMG_5433.jpg
それと、これ。
こいつは、いわゆるスターフラワーと言うやつです。
これの、花みたいに見えるのは、総苞片という組織ですね。
イヌノヒゲのとがってるやつと一緒の部位です。
細いか、広いかの違いですが・・・。
これは、生きてる種子も見つかるのですが、
ほぼ死んでますね・・・。汗

ちなみにばらしてたころは、まだそんなに知識が無かったので
なんともですが、上はパエパ、下はシンゴだったような(違ってたらすいません」
またばらさないとですね。

上の種は、花茎を見る限りではかなり大きい草体の感じです。
下のは、わかんないですね。
ただ、長さの割には細すぎて、かなりアンバランスな印象。

と、たまにがんばって書いてみたり。

水中は、技術的に終わっているので、勘弁してくらさい。
水上は、ぼちぼちですね。

また、蒔かねば。
あけましておめでとうございます
えぇ~、明けすぎてしまいましたが、
皆様、あけましておめでとうございます。

そして、今年もなにとぞ平に平によろしくお願いいたします。

んん、昨年はなんだかホシクサにしてはある種、変遷の年だった気がしますね。
この趣味の、需要と供給がどのような感じなのかなと考えさせられました。

水草アワードにホシクサ該当なしと言うのも寂しいですしね。
多分、サラワクMとかアルトシングーが出てくるはるぅつさんも同じなはず・・・。笑

今年は、南米産なんかや毛色の変わった子が増えると良いですね。

目標は、ん~~~というか、
もっと顕微鏡覗けるように、また昔の子を出せるようにがんばりたいですね。

それでは、重複しますが

皆様、本年もくだらないブログですがよろしくお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。