FC2ブログ
Thorny Green
主に、Eriocaulaceae(ホシクサ科)や植物に関するHPです。 また、そのほかにも日常の様々なことや自然の中で見つけたものを少しずつ紹介していきます。 気軽に、コメントよろしくお願いします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと忙しい。



ちょびっと、忙しいです。
まぁ、検査時期で突貫の現場の割には楽してるほうです。
ただ、電気屋君がやりかぶっているのでそれが、へこみます。

写真は、ブロメリンの開花間近。
3分咲きぐらいですかね。
花茎が30センチ越えて参ってますね。
忙しくて、かまってやれてなかったですが、
なんとか成長してくれていますね。

あ、そういえば、カメルーンが着ましたね。
アフリカ産といえば、まだ日も浅いパープルやナロー
結構日がたつ、ギニアンミクリのブロードやナロー。
残ってるのや残ってないのありますが、今回はどうでしょう。
ギニアンミクリ似らしいですが、ブロードはEriocaulonらしいですし、
ナローは花芽上げないのでなんとも・・・。
今回のは、私の持ってるスケッチに似てるんですね。
メサンテムムの可能性が無きにしもあらず。
非常に面白そうです。
花あげたら面白いのになぁ。
ウニ系も良いですが、やっぱいろんな形見たいし
何より、私はホシクサの花上げたところが好きです。

う~ん、久々の更新なんで、もう一枚。
IMG_4376.jpg

クロホシクサ、産地不明
水上でも、ガンガン茎伸ばして、花芽出しました。
かっこええですわ~~。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>>マボさん
色に関しては、私もあまり詳しくないですし
学術的にはあんまり語れないのですが
光と、酸素・二酸化炭素と栄養の
具合によって変わってくるかと思います。

自生地でも、色の抜けた個体を見たことありますし、環境的に影響されるのかと思います。
2008/03/02(日) 09:32:00 | URL | 現場監督 #-[ 編集]
>>mina3さん
クロの基本形ともいえる感じですね。
「霧島アマノ」とクロはほぼ同一の形状だと
思いますよ。
種まきがこんなにも普及するのは
すごいことだし、うれしいですよね。

ひとつ注意しないといけないのは、
「霧島アマノ」とクロの花は交雑する
可能性大なので、ロカリティを
守るには隔離して管理しないといけないと
言うことです。

2008/03/02(日) 09:25:51 | URL | 現場監督 #-[ 編集]
>>ぺねさん
クロはかっこええですよ~。
アマノと一緒と考えてOKです。
今、花芽マックスなんで高湿度で
維持して、頭から出してみます。
そしたら、真っ二つにして隊長に・・・。ブツブツ

ホシクサの名前の由来は、星みたいだったり、
花上げた姿が満天の星空だったり。

花上げるのは、特に海外産種では
株別れのスイッチだったりするので、むしろ
花のスイッチはいるほうがうらやましいです。
家の水中は、花も上げないし、別れもしないからですね・・。汗

2008/03/02(日) 09:10:35 | URL | 現場監督 #-[ 編集]
かっこえぇ!!!!!
クロってホントにいけてますねぇ!

うちの水中クロが、最近株の中心が色抜けてきてるんですが何でなのでしょうか??

うちのキネと比べると「薄っ!!」って感じで、色の違いが歴然です。
2008/02/28(木) 21:54:44 | URL | マボ #-[ 編集]
うわぁ・・・ペネさんに先に叫ばれちゃいましたw
水上ならアマノよりクロの方がカッコイイ。。。と思っちゃいますよ
これ見たら。
クロも種蒔き予定なので、水上もやってみます。

ちなみに、家の水槽で花芽上がったことが無いんです・・・・・。
喜んでイイやら悪いやら・・・。
2008/02/28(木) 03:01:23 | URL | mina3 #-[ 編集]
ぎょえー
クロの水上て、こんなにかっこいいんすかっ!
水中もシビレますが、水上もこんなに綺麗だとは・・・。
いつもの勢いで、全部水中に入れちゃいましたからね(汗
一株くらい残そうよ、てな感じす
種子はあるので、蒔くのが待ち遠しいです♪

私も、花が好きですねー
名前の由来でしたっけ?
星の形をしてるからホシクサ、みたいな
何故だか、花芽=ダメ。みたいなアクアですが、花を咲かす為(次世代につなぐ為)に生きてるのでは?なんて思ってしまったりします(笑
確かに、花芽を上げると終わってしまうこともあるホシクサ
ですが、それは始まりでもあるんじゃないかなぁ

長文ごめんなさいです(汗
2008/02/27(水) 14:53:34 | URL | ペネ #E6kBkVdo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eriocaulon.blog32.fc2.com/tb.php/336-aedcf54f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。