Thorny Green
主に、Eriocaulaceae(ホシクサ科)や植物に関するHPです。 また、そのほかにも日常の様々なことや自然の中で見つけたものを少しずつ紹介していきます。 気軽に、コメントよろしくお願いします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うまくいきませんね。

なかなか思ったとおりには行かないものです。
こやつも、いい感じに育つのはいるのですが、
まとめて育てるとなると、ばらつきでるし、数増えませんね。
う~ん、どうしたものか・・・。
外も考えたのですが、家のバルコニーあんまり良くなさげなんです。
ままそだつのもあるのですが、基本、室外機の熱がこもるみたいで、
日中は40度超えてます・・・・。
なもんで、ある程度育った個体は平気なんですが、
幼苗が溶ける溶ける。発芽しては溶けの繰り返しです。汗
もう少しなんかうまいことしないと、スペース的にも
きついですね。
もちろん、一番足りないのは私の脳みそと技術でしょうが・・・。


果てさて、ここさいきんホシクサの入荷量が異常ですね。
まず、ちょっと前に入ったAS便のもの。
雑草メインの(シソクサなんて気になるのもあったり)中に少しホシクサ着てましたね。
AS便は入荷時の形状からは想像できないようなのになるのが
多いので気にはなりますね。
どうだったのでしょうか??
んで、でぃすかば氏とめいきんぐ氏の合同便??
ホシクサは二種ですかね?

それからそれから、シンガポールとインドネシアのファームもの。
すごいいい流れだと思います。
ファームさんにもがんばって欲しいですし、
無論ワイルドは魅力的ですが、ファーム物として
定着してもらいたい種もありますし、今後の発展が楽しみです。

さらに、宮崎便。
師と凹氏の合同便ですね。
この辺は難しいところですね。
反応としては、こんなものなのか、それとも予想以上なのか
いろんな感じかたがありそうです。
意外と、ホシクサ以外のものやウニ以外のものに
反応が集まりそうと感じたのは私だけでしょうか?
水中ヒロハやゴマシオはまだまだですし、
実際霧島ヒロハは花芽から株出すし、水中で別れもしますからね。
ブリクサなんかは水槽用水草としては秀逸な一品ですし、
流通自体は少ないです。
それにミズオオバコなんかもいいのでは?と
国産ホシクサはやはり今後は作出のほうに行かなくては?と感じますね。

そして、最近のイデイ便。
最高です。
形もそうですが、何よりある程度の数着て、お店から
販売されたのがいいのじゃないかと思います。
それゆえか、価格も落ち着いてますし。
しかも、あの形。あれはやばいでしょう。
まさに、今までない形です。なんでしょう?あれは。
東南アジア採集品の入荷時の形状としては、ギガンテ以来の衝撃でしょうか?
若しくはマーズ?
ブロメリンに勝るとも劣らないものになるかも知れません。
今後の、成長ぶりが楽しみであります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>>ぷちあんさん
今月はすごかったですね。
私はいつもどおり指くわえて
傍観です。泣

宮崎は良さ気でしたね。
今年は、結構植生高く、密度濃い目でしたし、田んぼには時期が良かったですね。
ただ、8月すぎると、稲刈りされて
とうもろこしやジャガイモが植わったりします。汗

出射便はすごいです。
なんだかマンネリだった東南アジアの
刺激を呼び起こさせてくれました。
2008/07/29(火) 12:54:41 | URL | 現場監督 #-[ 編集]
今月は、怒涛の入荷でしたね(汗

ファーム便は、手頃で面白い子が来だしてるので楽しみです。
後は着状態が良ければ言う事無しですが・・・

凹氏とS氏の便は、
国内にも魅力的な子が居てると教えてくれた様に思います。
それと、ホシクサ天国宮崎も・・・

出射氏のは、変わってましたね。
思わず確認してしまいました(汗
採取地が渓流地ってことで夏を乗り越えてくれるか不安なんですが・・・
2008/07/26(土) 01:38:52 | URL | ぷちあんどれ #feqqZbOQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eriocaulon.blog32.fc2.com/tb.php/377-50752d04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。