Thorny Green
主に、Eriocaulaceae(ホシクサ科)や植物に関するHPです。 また、そのほかにも日常の様々なことや自然の中で見つけたものを少しずつ紹介していきます。 気軽に、コメントよろしくお願いします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さらにバラす。

けっこうわかりすげな写真が撮れました。
雌花です。
苞と花弁がわかりやすいです。
がくが無いですが、がくは方状で背面上部に白色毛が生える。
苞は三枚で、離性。上部背面にわずかに白色毛を有す。
花弁はやじり型になり、上部背面がわずかに黒色になり、同様に白色毛が生える。
子房は3室。
画面中央のやや濃い褐色のものが種子です。

IMG_5548.jpg
かなり見にくいですが、雄花です。
黒いのがやくですね。やくの左にあるのが苞です。
雌花同様に白色毛が上部背面にまばらに生えます。
んで、変なといいますか、正直イヌノヒゲ・シロイヌノヒゲそんなに見てないので
なんともいえないのですが、雄花の花弁が変な感じが・・・。
今まで見たのは、対軸上で癒合し方状に合着すると言う感じ
だったのですが、花冠状になっているような・・・。
う~ん、近いのは、イヌノヒゲの亜種の
Eriocaulon Miquerianum var involucratum Nakai
というのが当てはまるかと思うのですが、
資料が少なすぎてなんとも・・・。
はぁ、早く出ないかなぁ。

そういえば、久々にヤフオクに参戦したのですが、
あっという間に高値更新。
いやぁ、お金が無いのはつらいです。
久々に新規導入しようと思ったのですが、よくよく考えて
財布を見たらそれどころでは無かったです。汗

う~ん、ブロメリン人気無いのかなぁ・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>>kosaさん
いやぁ~、私のなんていわば
お遊びでこれでやってる人になんだか申し訳ないです。汗

ブロメリンは4年前かな?
セニョコバさんの便で来た、カンボジア国境付近のものですね。
あの時の入荷株が残ったのはほぼにあはず。
よくぞここまで来てくれたという感じですよ。
どんな種にせよ、やはり残ってくれると言うのは、うれしいものです。
次は、、、、なんにしましょ??
2009/04/11(土) 08:16:05 | URL | 現場監督 #-[ 編集]
>>匿名さん
んと、メルしてみます。
2009/04/11(土) 08:11:24 | URL | 現場監督 #-[ 編集]
>>mina3さん
いやぁ、正直こんなものが
需要があるのか謎なシリーズです。汗
とりあえず、間違ってるぽいものや、東南アジアのものをひとくくりにしていきたいですね。

ブロメリンは、まぁ高いっちゃたかいですしね。
知名度的には低いかもですが、なかなか難しいです。
とりあえずは、仕上ないとですかね。
2009/04/11(土) 08:10:23 | URL | 現場監督 #-[ 編集]
こんな感じで種を同定していくんですね。
こりゃ自分には絶対無理です(苦笑

ブロはあまり表に出てきてないですからね~。
草姿は間違いなくアジア産の最高峰だと思います。
ブロメリン、デカボシ、セタケは自分の中でアジアの3強ですw
2009/04/10(金) 01:02:48 | URL | Kosa #efcTUoiQ[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/04/07(火) 01:09:46 | | #[ 編集]
ん~~何だか良く分からないですけど、勉強になります。
大変でしょうけど是非この分解シリーズ続けて下さい。

ブロメリンは知名度の問題でしょうかね?
草姿みたら皆食いつくと思うんですけど・・・・。
私は一撃でやられましたから。

2009/04/07(火) 01:06:48 | URL | mina3 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eriocaulon.blog32.fc2.com/tb.php/403-bae812dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。